2019
18
Sep

とんかつランキング!

【港区とんかつランキング】第一回 大門/浜松町「のもと家」の厚切りロースかつ定食

大門 とんかつ のもと家 厚切りロースかつ定食

毎週火曜日更新と言いながら早速1週目にして記事を更新しないという安定の不定期更新っぷりを発揮しつつ、気分が上向いたので更新を再開する、どうも GOEMONです。

記念すべき第一回は大門の人気店「のもと家」。芝大門の交差点角のビル2F、狭い階段にいつも列を作っている大門勤務者御用達のとんかつ屋である。

現時点で食べログ3.79、同じく大門の「とんかつ檍」、赤坂「まさむね」とトップ点数争いを繰り広げている。

今は亡き「浅草頓珍漢」から2014年6月に大門へリニューアルオープンした岩井氏渾身のとんかつ。豚の質はもちろん、サラリーマンの多い大門という客層、女性も入りやすい清潔感かつテーブル席の充実など様々な工夫が見られる「のもと家」。いざ、参らん。

大門 とんかつ のもと家 厚切りロースかつ定食

厚切りロースかつ定食(2,600円)

訪問したのは平日の夜。17時半に夜の部がオープンするので10分前ほどに到着。先客は2名、狭い階段にだんだんと列ができてくる。オープンと同時にカウンター席へ案内される。


メニューの中でも一番の名物、「厚切りロースかつ定食」(2,600円)を頼み、豚の説明などが書いてあるメニュー表を読みつつ大将がカツを揚げている厨房を見たりしていると10分もせずに着丼。

大門 とんかつ のもと家 厚切りロースかつ定食


ご飯、豚汁、トンカツ、キャベツ、ゆず大根、そしてポテトサラダ。 初めての訪問かを丁寧に聞いてくれて、初めてであると伝えると食べ方の説明をしてくれる。


この店は食べ方が特徴的で薩摩醤油を付け、茎わさびをちょぴっと乗せて食べるのがオススメだというのだ。その他、塩とソースが用意してありソースで食べる時はお盆に乗っているすり鉢で自らゴマを擦って風味豊かなすりゴマと一緒に楽しむのだ。


説明を聞き、さっそく食す。まずは豚をよく味わうために塩で一切れ食べてみようと思ったが、一口目のインパクトはその店の印象に大きくかかわるのでオススメの食べ方である醤油を付け、茎わさびを乗せて左から3切れ目をパクり。

大門 とんかつ のもと家 厚切りロースかつ定食


美味い。美味すぎる。
すかさずご飯をかきこむ。


薩摩醤油の風味が一瞬ふわっときたあとにラードの風味、そしてカツを噛むとしっとりとした赤身から肉肉しい甘み、さらには脂身の甘みが来る。火入れがちょうどよく、赤身のしっとりさは芸術的。こんなにしっとりと仕上がったトンカツはなかなかに珍しい。拙者は計3回行き、3回とも厚切りにしたのだがおそらく厚切りでないとここまでのしっとり感は出ない気がするので、お腹に余裕を持って厚切りロースを頼むことをオススメする。


粗めな生パン粉の衣もサクっとジューシーで美味い。薩摩醤油の甘めな味もありご飯が進むし白米に合う。とんかつが美味いことももちろんながら白米大好きっ子の拙者にとっては飯との相性も重要。

白米自体もしっかりと美味い飯である。

大門 とんかつ のもと家 厚切りロースかつ定食


一口目ですっかりと調子を上げ、続けざまに左から二切れ目に手を出す。こちらも同じく薩摩醤油と茎わさびで食べる。


これまた美味い。やはり豚肉の甘みがとんでもなく強く激しくたくましい。しっとりとほんのりレア感の残る赤身が本当に美味い。そこへクリスピーな衣、これがまずい訳がない。
ご飯がますます進む。

大門 とんかつ のもと家 厚切りロースかつ定食

ここらで付け合わせにも手を出していく。まずはキャベツ。ふむ、これは普通だ。次にゆず大根、むむ、これはやや残念。脂っこいトンカツの合間に欲しいお新香としてはもっとさっぱりとしたゆず大根を期待していたのだがあまりゆずの風味や酸味が感じられず。ポテトサラダも普通に美味いポテサラだ。


特筆すべき付け合わせは豚汁。これはかなり美味い。豚の旨味がたっぷり、コクがありこれだけで美味いと感じられる汁である。キャベツが入っているのが特徴的でスタンダードな豚汁と比べると全体的に濃いが個人的には大好きな味。豚汁を食べ続けた後の汁物としては少しくどいかもしれないが、それでも許せる美味しさである。

大門 とんかつ のもと家 厚切りロースかつ定食


カツ、ご飯、キャベツ、豚汁、大根、ポテサラ、キャベツ、豚汁。こうして神のローテーションを組んだ拙者はどんどんと加速していく。3口目の左から四切れ目。こちらもしっとり美味い。


お次はすりごまとソースで食べてみる。うむ、美味い。 がしかし、すでに拙者は薩摩醤油と茎わさびのコンビネーションの虜になってしまっていた。ソースや塩ではもう何かが足りないと感じてしまう体になってしまったのだ。


ソースはこの一切れのみで後は醤油と茎わさびで攻めること決意。残っているカツの中で赤身と脂身のバランスが最も良い部分を残しどんどんと食べ進める。
脂身がやや苦手な拙者が気にする切れ端。

大門 とんかつ のもと家 厚切りロースかつ定食


ううむ、のもと家を持ってしてもやはりこの切れ端は脂身がくどくてキツい。「脂身の融点が高いので、赤身と同じ食感が楽しめる」とのことなのだが、融点が高くて口の中でなかなか消えてくれず脂身嫌いからするとやや後半はしんどくなってきてしまう。この辺は個人の好き嫌いではあるが、これが好きだと言う人がいるのか疑問である。


その後、脂身切れ端を乗り越え最後の美味しい一切れを食べ、豚汁を飲み干し完食。究極のしっとりさと豚肉の甘み、美味い豚汁、そして新しい食べ方。素晴らしきとんかつ食でありました。


では、総評。各項目5点満点。


【肉部門】(20.5 / 25)

・左から3キレ目のファーストインパクト:5点
・2切れ目と4切れ目の美味しさ:4.5点
・脂身の美味しさ:3.0点
・全体的な赤身と脂身のバランス:4.0点
・衣:4.0点

【その他部門】(19 / 25)

・ご飯:3.5点
・キャベツ:3.0点
・豚汁:5点
・付け合せ(お新香):2.5点
・ソースや塩その他、調味料など食べ方:5点

【お店部門】(18.5 / 20)

・店員さんの対応:5点
・清潔感:5点
・雰囲気:4.5点 ・個人スペース:4点

合計:58 / 70 点

総じて素晴らしく美味しく、接客や店内の清潔感、雰囲気もよく最高の店には違いなし。付け合わせとキャベツといった所はやや改善の余地ありか。脂身に関しては個人的な好みもかなりあるため、そこを除けばやはり優勝候補。さすがのとんかつでございました。ごちそうさまでした!

港区とんかつランキングリンク集

港区とんかつランキングリンク集

第一回 大門/浜松町「のもと家」の厚切りロースかつ定食
第二回 大門/浜松町「とんかつ檍」のロースかつランチ定食
第三回 麻布十番「とんかつ 都」の上ロースかつ定食
第四回 六本木「豚組食道」のロースかつ膳
第五回 六本木「イマカツ」の特選ロースかつ膳
第六回 赤坂見付「末吉」の特選ロースかつ定食
第七回 赤坂「とんかつ 水野」の特上ロースかつ定食
第八回 新橋「とんかつまるや 新橋烏森口店」の厚切りロースかつ定食
第九回 新橋「とんかつ 明石」の特ロースかつ定食
第十回 三田「とんかつ芝」の上ロースカツ定食リヴ
第十一回 南青山「とんかつ 赤月」の岩中豚ロースかつ膳
第十二回 白金台「とんかつ すずき」のロースかつ定食

のもと家とんかつ / 大門駅芝公園駅浜松町駅

夜総合点★★★☆☆ 3.8

 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。