2019
8
Nov

ラーメン

西麻布で遊んだ後の定番〆!! 博多麺房 赤のれんで豚骨ラーメンを楽しむ

チャーシューめん - 博多麺房 赤のれん 西麻布本店

昨日は六本木のNo.1〆というタイトルで香妃園を記事にしておきながら、今宵は西麻布の定番〆というタイトル。順番変えようかと思いましたけれども、面倒なのでこのまま行きやす。

めんどくさがり、GOEMONです。

というわけで、二日連続の〆系ですが今宵はこちら。

博多麺房 赤のれん 西麻布本店

博多麺房 赤のれん 西麻布本店

東京都港区西麻布3-21-24 第五中岡ビル 1F

営業時間
11:00~15:00
21:00~翌5:00

定休:日曜日

安心の朝5時まで営業。その代わり、夜の営業が21時からという遅めスタートな点に注意。西麻布近辺ではおなじみの博多豚骨ラーメン屋さん。丸ノ内にも店舗があるみたいですが、やはり赤のれんといったら西麻布。

近くのラウンジで飲んだ後の金持ち兄さんや、エーライフかMUSEあたりで遊んでたクラバー兄やん姉やん、はたまた近場でしっぽり語り合ってたお兄さん方などなど、みんなが大好きな赤のれん。

土曜日は家族連れの方も結構居て、いつも賑わっている。拙者もMUSEに入り浸っていたころはよく行ってましたが、最近はもっぱら土曜日の夜にゆったり。今宵も土曜日夜に訪問。

まだ空いていたのでテーブル席へ座りメニューに目を通す。

メニュー - 博多麺房 赤のれん 西麻布本店

メニュー

メニューに目を通すと言ってもトッピングをちょっと変えるか、つまみを食うか否かぐらいしかいつもと変わらないのでパパっと注文。今宵は夜飯としての訪問なので、ガッツリ目に。麺は固めで頼む。

博多麺房 赤のれん 西麻布本店

調味料

テーブルには嬉しい紅生姜にゴマの容器、胡椒に七味、塩、酢、ラー油。

豚骨ラーメンには紅生姜とゴマは必須ですぜ。

水餃子 - 博多麺房 赤のれん 西麻布本店

水餃子

注文からほどなくしてまずは水餃子の到着。赤のれんはラーメンがうまいのはもちろんだけど、この水餃子がやたら美味い。

〆でなく、ちょい呑みに使うならこの水餃子を最初から最後までエンドレスに4皿ぐらいいけちゃううまさ。

ペロッと一口で食べれる小さいサイズの餃子、皮がとぅるんと良い舌触り。

水餃子 - 博多麺房 赤のれん 西麻布本店

酢胡椒

拙者的オススメは酢醤油ではなく、酢胡椒で食べる。

たっぷりの酢にたっぷりの胡椒。これで食べると美味さ引き立つ水餃子。

水餃子 - 博多麺房 赤のれん 西麻布本店

ラーメンが来るまでの間に一瞬にして食いきってしまう勢い。この水餃子はマジで美味い。普段であれば圧倒的に焼き餃子派な拙者でも、赤のれんの水餃子はたまに食べたくなる。

高菜ご飯 - 博多麺房 赤のれん 西麻布本店

高菜ご飯

ラーメンのちょいと前に高菜ご飯の到着。ここではラーメンと一緒に飯物も頼むのが良い。

明太子ご飯と高菜ご飯、どちらも美味いのでいつも迷うのだが今宵は高菜。

さっそくガッツキたいところだけど、いったん我慢。こやつは豚骨スープと一緒に食べ進めるのが美味いんだ。

チャーシューメン - 博多麺房 赤のれん 西麻布本店

チャーシューめん(味玉トッピング)

来ました、ラーメン!

今宵はチャーシューメンに味玉をトッピング。良い具合に浮いた液体油に細めのメンマ、キレイに並ぶロースチャーシュー。

そして何より食欲をそそる良い匂いのする豚骨スープ。匂いがもう最高に美味そうだ。

チャーシューメン - 博多麺房 赤のれん 西麻布本店

まずはスープをひとくち。

美味い。

久々の赤のれん。これだよこれ。という安心感。

濃厚な豚骨スープながら嫌なくどさはなく、いつもの味。たっぷりの刻みネギがレンゲに入り込んできて、良いさっぱり感を出してくれる。

チャーシューメン - 博多麺房 赤のれん 西麻布本店

麺は博多豚骨おなじみの細麺。固めに茹でてもらった細麺を勢いよくすする。

ぽくぽくと嚙み切れ、豚骨を身にまとった細麺はそりゃあ美味い。

ズルズルと勢いが止まらない美味しさ。

チャーシューメン - 博多麺房 赤のれん 西麻布本店

たっぷりのチャーシューは赤身しっかり、味染みしっかり、脂身も程よくスープにも合う。

チャーシューだけで食べても良いし、これで細麺を巻いて肉巻きスタイルにしても美味い。

分厚いほろほろ系チャーシューも好きだけど、薄切りのロース系も美味いね。

高菜ご飯- 博多麺房 赤のれん 西麻布本店

高菜ご飯

ここらで高菜ご飯にも手を出す。まずはそのまま一口。

うむ、間違いない。

高菜、白米、海苔、美味いよ、そりゃあ美味いよ。

高菜ご飯を噛みしめている間にレンゲでスープをすくって、そこへすすり入れる。

うまっ

バカうま。禁断の味。まさにデブ飯だけれども、やめられるはずもない。

チャーシューめん - 博多麺房 赤のれん 西麻布本店

ガンガンと食べ進めつつ、半分程度のところで紅生姜とすりごまを投入。

ゴマはたっぷりとかけるのが好きだ。

ゴマのいい風味と、紅生姜の清涼感でまた一味違った美味さになったラーメンはもう止まらない。

麺、スープ、麺、スープ、高菜ご飯、スープ、スープ。

豚骨スープが美味すぎて、ごくごく飲み進めてしまう。

味つけ玉子 - 博多麺房 赤のれん 西麻布本店

味つけ玉子

赤のれんの味玉はしっかり茹で上がり、しっかり味染み。半熟煮卵が主流の今のラーメン界隈でもずっとこのポクポクな黄身の煮卵。

拙者はこれが大好き。高菜ご飯と同様に、味染みな煮卵を頬張って口の中でもそもそさせる。そこへスープを投入するとサワ〜っと黄身が溶けつつ、さらに濃厚な味わいに。

口の中が幸せ。この美味さ、何にも変えられない。

完飲 - 博多麺房 赤のれん 西麻布本店

その後も勢い止まらず、ペロッと完食。美味すぎて久々に完飲してしまった。やってしまいましたよ。

いやはや、飲んだ後の〆としても優秀だけれども、普通の夜飯として食っても最高に美味い。

水餃子、ラーメン、高菜ご飯、どれでも美味い。でも完飲はちょっぴり罪悪感。しっかりと歩いてカロリー消費しながら帰りました。笑

大満足の夜飯でした。ご馳走様でした。

ではまた!

博多麺房 赤のれん 西麻布本店ラーメン / 六本木駅乃木坂駅広尾駅

夜総合点★★★☆☆ 3.5

記事が面白かったらクリックしてね!!

1日に1回クリックして頂くとランキングが上がり、GOEMONのモチベーションもグングンと上がります。もうそりゃあグ~ンと上がります。凄いです。1クリック1kgぐらい増やす勢いです。5秒ぐらい暇がある方は是非↓

ブログランキング・にほんブログ村へ

Twitterはこちら!

何気ないことから、食べた品々を呟いたり。ブログの更新通知もこちらから!

 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。