2020
3
Apr

割烹・小料理・居酒屋

どんどんクセになる蕎麦前を越えた蕎麦割烹、2019年一番ハマったお店!荒木町「松庵」

鴨の冷汁 - 荒木町 松庵 蕎麦前割烹

グルメブログを読んでいるということは、皆さん美味しいものが好きでいい店を探していたり行った店の他の人の感想を読んでみたかったりするグルメさんでしょう。自粛要請が出て、拙者と同じく大好きな食べ歩きを控えていて、そろそろ限界だぜ。という方もいらっしゃるかと思います。

拙者ももう限界です。笑 鮨も焼鳥も割烹も、自炊ではあのレベルはキツイし出前では味が落ちる。早く食べに行きたい飲みに行きたい!

がしかし、ここで飲み歩きに行ってしまったら自分に移るかもしれないし、自分が感染していてお店全体にウイルスをバラまくことになってしまうかもしれない。なので、もう一踏ん張り、もう二踏ん張り自宅でのほほんと過ごしましょう!

どうも、GOEMONです。

さて、フラストレーションが徐々に溜まりつつある拙者ですが、今宵の訪問記は昨年初めての訪問以来ほぼ毎月1回は通っている蕎麦割烹のお店。お世辞抜きでオススメしたいお店ですので、是非に。

外観 - 荒木町 松庵 蕎麦前割烹

松庵

東京都新宿区荒木町3 北島ビル 1F

営業時間 [月~土] 18:00~25:00ラストオーダー または なくなり次第終了
※土曜日と祝祭日は営業開始時間より蕎麦単品から受付ます。チャージ別途400円

定休日 日曜日 たまに不定休

荒木町は車力門通りを新宿通りから入り右手2本目の路地(地図で観ると1本目ですが、実際は2本目です)に入ると、白黒のキレイな外観が目立つお店がこちらの「松庵」。

この日は仕事を早めに切り上げ、荒木町で飲むことにして新規店を検索。前から気になっていた松庵に電話をし、早い時間はコースのみですがよろしいですか?とのことで、もちろんOK。拙者は腹が減っている。俄然そのつもりでいた。電話を切り、即タクシーでぶっ放す。

店に着き、店内に入るとテーブル席がいくつかと6席ほどのカウンター、そして蕎麦を打つための場所(なんて呼ぶのだろうか)がある。カウンターに座り、挨拶を交わし、ビールを頼んで晩酌スタート。

カウンターに座ると調理場が見える。大将が早速調理に取り掛かり、ビールで喉を潤していると1品目の到着。

真鯛 - 荒木町 松庵 蕎麦前割烹

真鯛

まずはお造りから、真鯛。こちらは朝〆めたものだそうだ。わさびをちょぴっと乗せて、醤油に軽く付けて頂く。手前の2切れが腹側、奥4切れが背側。

まずは背側を頂く、うむ、美味い。少し厚めの切り付け、熟成ものではなく朝〆のため、食感が良い。お鮨屋さんだと寝かせたものが多いので、久しぶりかもしれない。

腹身もパクり。ん~、脂が乗っていて美味。

お造りが美味い、これでもうこの店は美味しいぞ!と確信。拙者の勝利。

あん肝ポン酢 - 荒木町 松庵 蕎麦前割烹

あん肝ポン酢

続いては一見写真では何かわからない見た目のこちら。あん肝の上に乗っているのはリンゴのすりおろし。さらにその上に七味がふりかけられている。

あん肝はかなりトロトロな炊き具合で、まずはあん肝メインでりんごは少しだけにしてパクり。うまい。

お次はりんごをポン酢に浸し、たっぷりのおろしと一緒にあん肝を食べる。

あらま。りんご自体が結構甘いのだけれど、そこへポン酢の酸味、そしてあん肝の濃厚とろ~り、所々に七味のピリっとしたアクセント。複雑、複雑だけど美味い。

残ったりんごのおろしをポン酢にヒタヒタして食うのも甘酸っぱくて良い。

白子の天ぷら 蒸し寿司 - 荒木町 松庵 蕎麦前割烹

白子の天ぷら 蒸し寿司

3品目は軽く飯物。白子の天ぷらの蒸し寿司。ポン酢と紅葉卸が少しかかっている。

カリっと揚がった薄い衣、衣を超えると中から熱々とろ~りな白子爆弾!良い具合にポン酢を吸った衣と白子の濃厚さが絶妙な旨さ。そのままの勢いで白米をかきこむ。うんめぇ。

白子を丼で食べるなんて中々ない気がするんだけど、こりゃあ美味いよ。

めっちゃ美味いですね(‘ω’) と大将に伝えると、鯛の握りにしようと思ってたけど、拙者が若そうだからパンチあるのにしときました(笑)とのこと。ありがとうさんきゅうです!

ワタリガニとジュレ - 荒木町 松庵 蕎麦前割烹

ワタリガニジュレ乗せ

白子丼でガッツリと食べた後はさっぱりジュレがかかったワタリガニ。器いっぱいに敷き詰められたワタリガニとジュレ。

これは言わずもがな美味い。ジュレに出汁が効いていて、きゅうりは辛しで和えてありピリッとアクセントに。

この日を除いて5回ぐらい既に訪問したのだけど、松庵さんでは結構この辛し和えしてある料理が多くて、それがまた美味い。今度の回で紹介するけども、鮪の辛し和えなんかはめちゃくちゃ美味い。

イクラとアワビなどの贅沢小鉢 - 荒木町 松庵 蕎麦前割烹

ねばねば贅沢小鉢!

蟹ジュレでさっぱりとしたら、お次は贅沢な小鉢。上に見えている部分はいくらと山芋を叩いたもの、菜の花。その下にはめかぶ、アワビ、子持ち昆布と盛りだくさん!

いくらを潰さぬよう上手いこと全員を合体させて口へ運ぶ。

美味い!

めかぶと山芋のネバネバ、いくらがプチっと弾け、子持ち昆布の食感を楽しんでいるとジュワジュワと噛むと旨味溢れるアワビ。おいしい。

鴨の冷汁 - 荒木町 松庵 蕎麦前割烹

鴨の冷汁

続いては拙者が毎度楽しみにしている冷や汁!これがもう美味すぎる。

なすの煮びたし、鴨のロースと温泉卵が冷たい汁に浸かっている。まずは卵を割らずに鴨と茄子をそれぞれ楽しみ、汁もズズズっと吸う。美味い。

特に鴨が美味い。焼き目の付いた皮目とレアな赤身部分、噛むとジワジワと広がる鴨の旨味と鴨肉汁。

半分ぐらい食べたところで温泉卵を割り、黄身に鴨をくぐらせて頂くとさらに美味い!卵が溶けた汁もまた濃厚になっちゃってもう良い子良い子美味しい子。

この冷や汁は毎回出して頂いても全く飽きる気配がない。

粗びき蕎麦 - 荒木町 松庵 蕎麦前割烹

蕎麦

もうここまでで大満足な美味しさなのだが、ここは蕎麦のお店。最後は蕎麦で〆る。

10割と小麦粉を1割程度入れた粗びき蕎麦どちらが良いか聞かれたものの、蕎麦に詳しくない拙者、大将に詳しくないのでわからない旨を伝えるとじゃあ今日は粗びきでいきますか!とのことで、こちらにしてもらった。

見た目は普段食べる蕎麦と比べるとゴツイ印象。大将曰く、香り良いですよ。どれどれ。

蕎麦の薬味 - 荒木町 松庵 蕎麦前割烹

薬味

薬味は刻みネギと辛味大根のおろし。辛味大根はかなり辛いから少しずつ試してみてね。とのことで、承知。

まずは1本何も付けずに蕎麦をすすってみる。ぽくぽくぷっちんとした食感。あぁ、確かになんか香りが鼻を抜ける感じがする。これが蕎麦の香りというやつか。

お次はそばつゆに付け、薬味なしですする。

ズズッ

うわっ

うんま。めっちゃうめぇなこの蕎麦。

美味い蕎麦ってこんな美味いんかい。ってなぐらい美味い。

前に麻布十番の更科蕎麦巡りをしたことがあったのだけど、その時はこんなに美味しいと思わなかったが、この蕎麦はホントに美味い。

さらにネギと辛味大根を少し入れて一緒にすする。

おぉぉぉ、確かに辛味大根、なかなかのインパクト。ビビビッと来る。けど、良い。ちょっとMっ気出てしまうけれども、あれだけ美味いと感じたパーフェクト蕎麦をえげつない辛さで攻撃してきてるのに何か意外ともっとよくなってる気もする。美味いぞ。

もうこうなると、そばつゆにガンガン辛味大根を入れてしまう。

ビビッ!! ズズズッ

美味い、美味かった。一瞬にして蕎麦も完食。

最後は辛味大根が少し底にたまったそばつゆで蕎麦湯を楽しんで、ほっこり。

最中アイス - 荒木町 松庵 蕎麦前割烹

最中アイス

最後はりんごのジェラートが挟まった最中を頂き、さっぱりひんやりしてご馳走様。

今年の2月で丸6年らしく、荒木町で店をやっている方が店を閉めた後に夜な夜な蕎麦で〆に来たりもするそうで、夕食時のコースも良いし、深夜の〆にも良いし、非常に良いお店でオススメです。

食べログの他の口コミにも書いてありましたが、蕎麦だけでも美味しいけど、ぜひコースで蕎麦前・蕎麦割烹を試してみて頂きたい。絶品ですb

かなりべた褒め回でしたが、ステマとかではないのでご安心を。笑

ではまた!

松庵そば(蕎麦) / 四谷三丁目駅曙橋駅四ツ谷駅

夜総合点★★★☆☆ 3.8

記事が面白かったらクリックしてね!!

1日に1回クリックして頂くとランキングが上がり、GOEMONのモチベーションもグングンと上がります。もうそりゃあグ~ンと上がります。凄いです。1クリック1kgぐらい増やす勢いです。5秒ぐらい暇がある方は是非↓

ブログランキング・にほんブログ村へ

Twitterはこちら!

何気ないことから、食べた品々を呟いたり。ブログの更新通知もこちらから!

 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。