2018
30
Nov

その他割烹・小料理・居酒屋

赤坂の最高級串揚げにて、25本の串と大量のビールを爆食飲!

ハマグリと子持ち昆布 - 六波羅 赤坂見附 串揚げ

仕事を終え、いつもの如くU君と今晩の店決めに悩む。先日は焼き鳥でその前は焼肉だったのでカツオでも食いに藁焼き屋行くかーってなったのだけど拙者が前週に行ってしまっていたので却下。悩んだ挙句、行きたいリストに長らく封印されていた串揚げ店を発掘。

よし、今日は串揚げじゃ。行ったレ!

ってなわけで、今宵お邪魔したのはこちら。

 

六波羅 赤坂見附 串揚げ

 

六波羅 (ろくはら)
東京都港区赤坂4-2-2 赤坂鳳月堂本店ビル B1F
[月~金]
11:30~14:00
13:30(料理LO)
17:30~23:00
22:30(料理LO) 22:45(飲み物LO)
[土]
17:30~21:00
    20:30(LO)
引用:食べログ(https://tabelog.com/tokyo/A1308/A130801/13007878/

 

当日電話したけども18時ごろだったので席2時間ぐらいでよければ~とのことで入れました。入口からして高級な雰囲気。なかなか都内で串揚げの店に行ったことがなく、最後に食べたのは昨年大阪に行った時ぐらいだろか。

店内はカウンター席とテーブル席がいくつか。カウンター席は目の前で揚げてくれるみたいで、パフォーマンス的にもカウンターが人気な模様。我々はとくにこだわらないのでテーブル席でOKよ、と伝えてテーブル席に。

早速ビールを頼んで今宵も晩飯タイムスタート。

 

ビール - 赤坂 六波羅

ビール

グビッ!!! っづああああ!っしゃーらいらい!!

うめぇ。やはり一発目はビールに限る。

ビールと同時にソースなどなどと野菜スティックたちが到着。

 

タレ4種 - 赤坂 六波羅

ソースなど

左から、醤油、マスタードソース、ウスターソース、塩。

串ごとにどれを付けて食べるのがオススメか教えてくれるので安心スタイル。

店内には串を揚げる良い音がカラカラと鳴り響いていて心地いい。

ちなみに串揚げはお任せして、良きタイミングでストップするスタイル。

牛肉と海老 - 六波羅 赤坂見附 串揚げ

牛肉と海老

しばし待ち1本目の登場。初手、牛肉と海老。最初っから一番人気出すパターンですな。初手大トロ握り!みたいなノリ。

牛肉は肉汁閉じ込め系じゅわりんご。ふはふはしながらも空腹に肉と揚げ物というダブルコンボはもう胃が喜びすぎて一瞬にして食い終わる。

海老ちゃんもカラっと揚がって尻尾も頭もパリポリしてて美味しい。

この2本でビールがほぼなくなるという高速スタートダッシュを決めて今日の勝利を確信。

 

タコとささみ - 六波羅 赤坂見附 串揚げ

タコとささみ

手前がタコ、奥がささみ。コリコリとした食感のタコ。串揚げにしても美味いとはなんたる万能さ。

ささみはタルタルソースと一緒に食べるとそりゃ安定の美味さ。この時少し思ったのだけど、串揚げって全部タルタル合うんじゃないかね。太るしくどそうだけど、素材の味が~ってなりそうだけど、それでも絶対美味い。笑

 

銀杏と椎茸 - 六波羅 赤坂見附 串揚げ

銀杏と椎茸

手前、銀杏。奥、しいたけ。

銀杏の周りにさやえんどうが巻かれていて一緒に揚げてある。シャキシャキとしたさやえんどうの後にポクポクとした銀杏が現れる。これは美味い。ナイスアイデア。

椎茸は相変わらずの美味さでソースでも良いけど醤油を付けて食べるのが個人的にはオススメ。

 

ハマグリと子持ち昆布 - 六波羅 赤坂見附 串揚げ

ハマグリと子持ち昆布

 

左、子持ち昆布。右、ハマグリ。ぶちぶちと玉子の食感が良き。子持ち昆布ってなかなか食べる機会がないけどもたまに食べると美味しいもんだね。

ハマグリは酒蒸し、焼き、煮て握り寿司と色々な食べ方があるけども揚げても美味いのだね。

 

カニ爪とカキ - 六波羅 赤坂見附 串揚げ

カニ爪と柿

左は見ての通りカニの爪、そして驚くことなかれ。右はなんとカキ(柿)。

海の牡蠣ではなく、木になる柿。気になる柿の串揚げは予想に反して美味い。(今日のダジャレポイント)

最初は甘い串揚げってどうなんだろ。って思ったけどもじゅわぁっと柿がとろけて衣と甘みが意外に合う。カニはもちろん安定の美味さ。

 

ピーマン肉詰めと牡蠣 - 六波羅 赤坂見附 串揚げ

ピーマン肉詰めと牡蠣

 

手前が牡蠣、奥がピーマンの肉詰め。

柿の次に牡蠣を出すというダジャレっぽい構成。笑
アツアツの牡蠣をやけどしないようによくふーふーしてから放り込む。だが、まだアツアツ。

口の中ではふはふしながら食べると磯の香りがはふはふ。美味い。

ピーマンの肉詰めは揚げることによってピーマンの器から肉汁がこぼれずに保たれいてめちゃ美味い。ピーマン肉詰めは焼きではなく揚げが正解かもしれん。

 

ホタテとバイ貝 - 六波羅 赤坂見附 串揚げ

ホタテとバイ貝

手前、ホタテ。奥がバイ貝。

ホタテは大きさも程よく、ホロホロとした身が安定の美味しさ。何も付けないでも充分美味い。

貝攻めの2種、バイ貝はコリコリとした食感。噛むと塩味を含んだ貝のエキスがじわじわと。ビールに合う串。

 

サーモンと小茄子 - 六波羅 赤坂見附 串揚げ

サーモンと小茄子

左サーモン、右が小茄子。

サーモンにはタルタルソースを乗っけて頂く。よくある鮭とマヨネーズの味だけども揚げたてはなんやかんやで美味い。

小茄子はあっつあつなので火傷注意で醤油をちょろっと付けてぱくり。美味。茄子の定番だけど、これがやっぱり美味い。

 

茗荷とトマトチーズ - 六波羅 赤坂見附 串揚げ

茗荷とトマトチーズ

手前が茗荷、奥にトマトチーズ。

ここでミョウガの串揚げ。さっぱりとした味の茗荷と衣、合う。中盤を越えたあたりでの茗荷が良い口直しになってさらにエンジンがかかる。

奥のトマトチーズは今回一番のアツアツ度。口の中に熱い汁が飛び散るとキケン。

 

蓮根とキス - 六波羅 赤坂見附 串揚げ

蓮根とキス

手前レンコン、奥にキス。

蓮根はカレー味付けの挽肉のはさみ揚げ。ちょっとお腹に溜まってきた所でスパイシーなカレー味が嬉しい。美味しい。

キスは天ぷらでもお馴染みだけども、揚げとの相性良し。

 

小柱とブドウ - 六波羅 赤坂見附 串揚げ

小柱とブドウ

手前に小柱、奥はブドウ。

小柱は予想通りめちゃ美味い。小さい頃に夢見た大きな貝柱、こりゃウマい。

そしてお次はブドウの串揚げ。これまた柿に続いてフルーツ串。美味い。サクっと衣の後にプチンと弾けて温かい甘いフルーティーさでなんとも言えない美味さ。

 

シソ巻き - 六波羅 赤坂見附 串揚げ

シソ巻き

ここまで22本の串揚げを制覇し、ビールも何杯飲んだかわからぬぐらい飲み続けてしまいお腹も頭もオッパッピーなのでいったんストップしてお好みで追加の串を頼むことに。

ちょっとサッパリしたく、シソ巻きを。

ささみにタルタルソースでマヨ味足して、さっぱりシソで〆る。美味い。

 

しいたけ - 六波羅 赤坂見附 串揚げ

しいたけ

椎茸が気に入ったのでリピート注文。醤油と椎茸、衣の相性が良すぎる。

椎茸と醤油だけでも美味いけど、そこに衣が加わると最強なんだなこれが。

肉でも魚でもない椎茸が今宵のベスト串か。

 

手羽先(チューリップ) - 六波羅 赤坂見附 串揚げ

手羽先(チューリップ)

怒涛の串揚げ25種を締めくくるのは手羽先(チューリップ)。

カリッカリに揚がった皮と他の串揚げに比べると厚めの濃い目味付けな衣。一瞬ケンタッキーみたいなジャンク風味と強い塩味が来た後にジューシーな肉肉。

最後の最後にめちゃんこ美味いのをドンピシャ注文できて満足。お腹パンパンだったけど、この美味さならあと2,3本いけそうだった。

というわけで、全部で25本の串揚げを平らげて大満足の食事ですた。

これでもまだ全種類制覇とはいかず、個人的には串揚げといったらアスパラも食べたかったけどお腹が限界だった。とりあえず今後行きたい人でお好みで頼みたいという方向けに特に美味しかった串をメモっておくよぅ。

・手羽先(チューリップ)
・椎茸
・ピーマン肉詰め
この3つは絶対マストおすすめ。

・茗荷
・小柱
・銀杏
この3つは酒飲みなら好きだと思うb

時期によっては銀杏はないかもしれないけど、これらはオススメなので頼んでみるとよし。

ではでは。

六波羅串揚げ / 赤坂見附駅永田町駅赤坂駅

夜総合点★★★☆☆ 3.8

 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。